医療事故による被害 薬の拒絶反応

医療事故のトラブルについて考える

薬の拒絶反応で体調を崩してしまいました

Post:2016/11/12

体に発疹がでてしまったので、病院に行って診察を受けることにしました。病院の医師に症状を見てもらったところ、かぶれているだけだということで、患部に塗る薬を処方してもらって自宅に帰って患部に処方してもらった薬を塗ることにしました。数日間塗っているとかぶれた箇所が赤くなってきて、発疹がさらに増えて、症状が悪化しているのがわかりました。心配になったので病院に診察に行くと、病院の先生は、もう少し塗り続けていけば病状はよくなるといったのでその言葉を信じて引き続き塗り薬を塗りつづけました。

そのうちにさらに患部の発疹が増えて、体全体にも発疹が出るようになって、体調まで悪くなってしまいました。そこで別の病院に行って診察を受けたのですが、その病院では、薬が体に合っておらず、処方された薬が原因だとの診察を受けました。

最初に見てもらった病院では、2度も診察に行っているのに2度も誤診をして私にこのような苦痛を与えたことには怒りを覚えています。また、症状が悪化してしまったために、その治療に関しても非常に高額の治療費を払うことになってしまいました。このような医療事故にあった場合には、病院に対して補償問題などで訴えることはできないものでしょうか。このまま泣き寝入りすることがどうしてもできずなにがしらの対応を取りたいと思っています。