骨折の手術で麻酔後、心肺停止になったのは医療事故なのか

Post:2016/9/12

母が自宅の階段で足を踏み外してしまい、右足の付け根を骨折しました。私は既に結婚して家を出ていますが、そのときはたまたま仕事が休みで実家に遊びに来ていたんです。

洗濯ものをとってくると言って母は階へと上がったのですが、突然ものすごい音と叫び声が聞こえたので慌てて駆けつけると、母が階段の下で腰を押さえて呻いていました。救急車にも私が同乗し、幸いすぐに近所の病院で診てもらうことができましたが、折れた部分を固定するのに使う金属がすぐには入手できないとのことでしばらく入院することになってしまったんです。

手術をすることになったのはそれから2日後。腰椎麻酔を行うとのことでしたが、母が手術室に入った直後、心肺停止の状態となったと聞かされました。電気ショックですぐに蘇生しましたが、それを聞いたときは生きた心地がしませんでした。

その後、手術は無事に成功し、母も徐々に回復してきてはいます。しかし、医者の方から心肺停止がなぜ起こったのかという納得できる説明はもらえていません。麻酔事故なのかと尋ねてみましたが、どうもはっきりと教えてもらえないのです。医者の態度からは私が女だからと下に見ているようにも感じ、こんなとき父が生きていればと悔しくて仕方がありません。

このような状況で、母の手術で医療事故があったと訴えることはできるのでしょうか。弁護士が必要というのならばすぐにでも依頼するつもりなのですが、何しろ知識がないためどこへ相談して良いものかと悩んでいます。